中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要にな

車を買い取ってもらう時に注

車を買い取ってもらう時に注意しなければいけないのは、悪徳業者に依頼しないことです。


広く知られている会社なら心配いりませんが、他に支店のないようなお店は、気を付けなくてはいけません。


悪徳業者と取引きを行うと、車を渡してしまったあとに代金が支払われないというケースが発生します。


下取りにより車を引き取ってもらう場合には名義変更の手続きをする必要があるので、しっかりと書類をそろえとくのが大切です。


名義を変える書類や手続きの時は、自動車検査証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書が必要となります。


ほかにも、譲渡証明書にハンコを押すために実印も必要になってきますので忘れず用意してください。


買取業者が詐欺を働く場合もあるので注意が必要です。


比較的高めの査定金額で客を釣って契約を結ばせ、あれやこれやと文句を付けて当初の金額よりも大幅に減額して買い取ろうとしてきます。


そんな金額では買取には出せないと言うと、車は既に手元にないと言って、運送料や保管料などの名目をでっち上げて多額のお金を請求してくるという手口もあるのです。


また、その他の例としては、車の受け渡しを済ませたのにいつまでたっても代金が振り込まれないという詐欺もあります。