車を買い取ってもらう時に、値段がつかなかった場合も廃車に

車の買い替えを考えていましたので、去年の夏ごろ

車の買い替えを考えていましたので、去年の夏ごろに日産エクストレイルを車の買取査定を受けました。


ネットで一括査定出来るところを探して、業者の中で一番高く買い取ってくれた専門業者の人の話によると、査定額には、意外にも「季節」が関係しているそうなのです。


具体的な話ですと、私がその時に売ったエクストレイルは夏場が需要の高いアウトドア車ですので、買取のタイミングとしては、春から梅雨の時が最も良いタイミングだったそうです。


ためになる話を教えてもらえました。


自家用車の買取そのものには手数料やサービス料などはかかりません。


といっても、売買が決まれば車の名義変更をしますが、売主でなく買主側で変更するのが慣例になっていますから、買主は代行手数料という形で支払います。


払うくらいなら自分でするという人もいますが、新しい所有者が揃える書類(車庫証明等)も必要ですし、お互いに予定の調整や連絡が煩雑になることから、結局は依頼する人が多いです。


代行手数料は買取価格から天引きしてくれる会社が多く、契約を締結したあとで現金や振込などで支払うこともあります。


そのときの領収証や振込票はすべての手続きが済むまでは大事に保管しておきましょう。


それと、売却には所有者の印鑑証明書と住民票の写しを用意するのは売主側の役目ですので、印紙代として数百円ほど必要になります。


車検切れの車でも下取りは可能なのです。


ただし、車検切れの場合には車道は走れませんので、自宅に来てもらい、査定をしてもらわないといけません。


ディーラーによっては無料で行なってくれるセールスマンもいることでしょう。


また買取業者にお願いをすれば、ほとんどの場合には無料で出張査定を行なってもらえます。